フレコンバックの基礎知識をチェック

弊社では社内でフレコンバック勉強会を定期的に開いています。
そして、その理解度を見るために「フレコンバック基礎知識テスト」をおこなっています。

以下は、そこで出てきた設問内容です。一度トライしてみてください。

詳細な説明は、フレコンバックの製作者の知っておくべき基礎知識に書かれています。

容積計算

以下のフレコンバックの容積を算出して下さい。
① 丸型 : 1,100φ×1,080h   (         ℓ)
② 丸型 : 1,000φ×850h    (         ℓ)
③ 角型 : 900W×900D×1,200h(         ℓ)
④ 角型 : 950W×950D×1,300h(         ℓ)
※注:上記の角型フレコンバックの容積計算法は通常の角柱容積計算ではなく「フレコンバック製作者の知っておくべき基礎知識」として配布している弊社の角底フレコンバック容積計算法で行って下さい。
① ( 1,025 ℓ)② ( 667 ℓ) ③ ( 1,208 ℓ)④ ( 1,425 ℓ)

容積・内容物かさ比重・充填重量の関連性

以下の(   )内に必要な数値を記入して下さい。
① (  )内に必要事項を記入して下さい。フレコンバック容積×(      )=(      )
② フレコンバック充填重量1,000㎏でかさ比重0.8のフレコンバック容積  (      ℓ )
③ フレコンバック容積900ℓでかさ比重0.5のフレコンバック充填重量   (      kg )
④ フレコンバック充填重量1,000㎏で容積が800ℓの内容物かさ比重は  (         )
① ( かさ比重 )=( 充填重量 ) ② ( 1,250 ℓ)  ③ ( 450 kg ) ④ (  1.25  )

内容物のPHと仕様(記述問題)

① 工業薬品メーカーA社より以下の内容でフレコンバックの問い合わせが有りました。
 どの様なフレコンバックを提案しますか?回答して下さい。
※内容物PH10でフレコンバック容積は1,000ℓ程度
※注入口が全開で排出口が半開式タイプ ※充填重量は1,000kg
1.フレコンバックは N4タイプ、ただしアルカリ性が強いので内袋を使う必要あり。
2.強耐久なヨーロッパ(EU)輸出用の素材と加工のフレコンバック
② 以下の様なフレコンバックへの問い合わせが有りました。回答して下さい。
 酸性PHが強いが直接フレコンバックに充填しても問題ないか?
 その他仕様は貴社のフレコンバック N4タイプで良い
ない。

内袋寸法の算出 (フィルム厚みは0.05tとします)

以下のフレコンバックに合う内袋寸法を算出して下さい。

① 丸型フレコンバック :本体径  1,100φ×1,080h
            注入口 : 全開×800h
            排出口 : 500φ×500h (厚み0.05×折径   ×長さ    ℓ)
② 角型フレコンバック : 本体   900W×900D×1,100h
            注入口 : 500φ×500h
            排出口 : 500φ×500h (厚み0.05×折径   ×長さ    ℓ)
③ 丸型フレコンバック : 本体径  1,200φ×1,200h
            注入口 : 全開×800h
            排出口 : 全開×900h  (厚み0.05×折径  ×  長さ    ℓ)
④ 丸型フレコンバック : 本体径  1,100φ×1,100h
            注入口 : 全開×800h
            排出口 : なし     (厚み0.05×折径  ×  長さ    ℓ)
① (×折径 1,800 ×長さ 2,930 ℓ)
② (×折径 1,900 ×長さ 3,250 ℓ)
③ (×折径 2,000 ×長さ 3,520 ℓ)
④ (×折径 1,900 ×長さ 2,430 ℓ)

材質・材料規格問題

フレコンバック本体材料に表示されている規格です。項目別に意味を記入下さい。
表示内容:PP 1500d 15×15
① PP
② 1500
③ d
④ 15 × 15                                  
① ポリプロピレン   ② 生地の糸(ヤーン)の太さ  ③ デニール 糸(ヤーン)の太さの単位  ④1cm角の縦・横の糸の数

充填重量

充填重量の関連事項としてSWLと表示されている事が有ります。
このSWLの意味を記入して下さい。
SAFE WORKING LOAD 安全使用荷重(耐荷重)

引張強度

本体材料・ベルトの引張強度を表す記号としてのNとは何か以下に記入して下さい。
ニュートン、1kgの質量を1m/s2に加速する力
スペース

フレコンバックのページ先頭へ